七五三はいつなのか?女の子と男の子に早生まれで違うのか?

▼この記事をシェアする!

七五三は子供の成長を祝う行事ですが、3・5・7歳と祝うのは名前の通り分かります。

しかし女の子に男の子、そして早生まれの子は七五三をいつお祝いするのか悩む親も多いかと思います。

そんな七五三についてのお悩みを解決していきます。

七五三の時期はいつなのか?

本来は11月15日に七五三が行われます。

ですが、現在では11月15日でなくても、その前後にある大安や吉日、もしくは週末や子供の体調によって行うのが一般的になっています。

また、11月は混み合うので、時期を10月にする方も増えてきています。大切なことは、子供の成長を祝い、これからを祈願する行事なので、子供を第一に考えて日取りを決めるのが良いと思われます。

七五三は数え年?満年齢?どちらで祝うの。

七五三は昔から伝わる行事なので数え年で行うように思われますが、近年では満年齢でお祝いすることが一般的になっています。

しかし、一般的というだけで正確には数え年、満年齢のどちらでも祝っても良いです。

なぜ、満年齢が一般的になったかというのは、数え年だと満2歳になる前に3歳のお祝いをする可能性があるのです。

数え年は生まれた時点で1歳とし、1月1日の時点で一つ年をとるのだ。

なので12月31日に生まれ子は翌日には2歳ということです。

数え年で3歳の11月に七五三を祝うとその時点で満年齢は1年と10ヶ月目となり、子供の成長を祝う行事なのに幼い子供に無理をさせることもありえます。

まだオムツも取れていなかったり、衣装を着るのに体の負担が大きいので、この事を考慮して、満年齢で祝うことが一般的なったようだ。

地域や家庭によって、慣例があるかもしれませんが、七五三の意味や主旨を理解して、親として適切な年齢を選択肢すれば問題はありません。

七五三の女の子と男の子の年齢で祝う年齢が違う。

七五三は3・5・7歳と祝いますが。

全部の年で祝うのではなく、女の子と男の子で年齢が別れます。

七五三の由来として

3歳児(男女とも)髪を伸ばし始める「髪置き」

5歳児(男)初めて袴をつける「袴着」

7歳児(女)きちんと帯を結ぶ「帯解き」

の儀式が元になっています。

女の子は3歳と7歳の時に祝い、

男の子は3歳と5歳の時に祝う。

しかし、男の子の3歳の七五三は地域や家庭の事情でしないところもあったり、最近では省く事も一般的になってきています。

男の子の3歳の七五三は都合によってなくても良いですが、思い出を一つでも多く残してあげたい気持ちがあるならば祝ってあげるのが個人的には良いと思っています。

おじいちゃんやお婆ちゃんも楽しみにしているはずですよ。

早生まれの七五三はいつ?

1月から3月に生まれた早生まれの子供は、「今年なの?来年なの?」と悩まれるかもしれませんが、数え年、満年齢の時のようにどちらでも問題ありません。

先ほど説明した通り、まだ負担が掛かりそうだと判断した場合は、一年後にお祝いするのも問題ありません。

子供が主役の七五三なので、子供に無理が無いように、親や親族で相談して決めていきましょう。

まとめ

七五三は女の子と男の子で祝う年が違いますが融通が利く行事です。

絶対にこの日ということではなく、子供の成長に合わせてお祝いする事が出来ます。

七五三の意味を理解し、子供の成長を皆が健やかにお祝いできるのが1番でしょう。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!