ベッキーのCM一覧に打ち切り会社と違約金はどのくらい?

▼この記事をシェアする!

これまで浮いた話がなく、スキャンダル処女とも言われているベッキーがゲスの極みのボーカル、川谷絵音との不倫騒動で騒がれています。

そんな渦中にベッキーの出演しているCMが打ち切りになっていっています。
確かにCMはイメージが大事なので、打ち切りにされるのは当たり前だ。
最初に太田胃散はベッキーが出演していたCMを別の商品のCMに入れ替える事を決定している。
ベッキーにしろ、ベッキーをCMに採用している会社は胃が痛くなる思いだろう。
太田胃散が役立ちますね!

そんなベッキーが出演していたCM一覧と違約金がどのくらいかかるか調べてみました。

ベッキー出演CM一覧と打ち切り決定会社

公式サイトによればベッキーが出演していたCMは

・太田胃散(太田胃散A錠剤)
・花王(「バブ」シリーズ)
・ケイ・オプティコム(mineo)
・スズキ(アルト エコ)
・スタジオアリス
・ソースネクスト
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(イメージキャラクター)
・ナガセ(全国統一高校生テストなど)
・NTT都市開発(ミソノミラクルワールド)
・ローソン

の計10社だ!

この中で、ローソンや花王、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険など、ファミリー層を意識したなので不倫騒動はかなりマイナスになるだろうから打ち切りは確実だと思われる。

というか、ローソンは打ち切りを検討中なようだ。

他に花王バブのは元々今月中旬に打ち切りとなる
予定なので、コチラは大丈夫だろう。

ナガセも差し替えが決定しています。

現在のところ、最初に決定した太田胃散と合わせて3社が打ち切りが決定しています。

ベッキーの不倫騒動による違約金はいくら?

打ち切りが決定した会社は「違約金の請求を考えている」と」コメントしている。
そこで、ベッキーのCM違約金はいくらになるのかおおよそですが調べました。

ベッキーがCM1本に出演するギャラは、およそ1500~2000万円だとされています。

今回の不倫騒動で、出演中のCMを降板した場合の損失は、その出演中だったCMのギャラ+違約金が損失として加算されることになります。

ざっと5億は下らないのではないかと思われます。

覚せい剤でCMが打ち切りになった酒井法子も違約金が5億だと言われていました。

今回も同じような金額になるんではないでしょうか。

CM以外にも、TVなどのギャラも半分になると言われ、ベッキーのギャラが1本100万円あるようなので、1本が50万円になってしまう可能性もあるということです。
その前にテレビには当分でれないのではないでしょうか?

まとめ

清廉潔白で明るいイメージだったベッキーだがこれからは全く違うイメージがついてしまい、時間をおいて復活しても今までのように明るいCMにはでれないだろう。

それにしても、ベッキーのブログでは、今年は前向きな意味で”現状維持”と言っていたのに、全く逆で悪い意味の”現状打破”になってしまったようだ。
関連記事
デヴィ夫人がベッキーをブログで擁護!炎上商法じゃないのか!?
ベッキー週刊文春第3弾!センテンススプリングは捏造なのか!?
センテンススプリングの意味は文春!ベッキーと川谷のLINEから迷言が!
川谷絵音がベッキー不倫とmiwaディスでゲスの極み!
ベッキーがスカパー音楽祭の司会で解約が続出しそう!
ベッキーがにじいろジーンで生放送だが裏では旅サラダもあり荒れそう!!

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!