ベッキー週刊文春第3弾!センテンススプリングは捏造なのか!?

▼この記事をシェアする!

ベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音の不倫騒動でまたもや週刊文春が第3弾となるスクープが掲載された。

今回のLINEの内容はなぜか、センテンススプリング(文春)に感謝をするという意味不明な事になっております。

このLINEについて、ベッキーのインスタに2万件超の説明を求めるコメントが届いている。
その中には、捏造なのではないかと疑う声もある。

まずは、問題のセンテンススプリングLINEの内容

ベ「友達で押し通すつもり!笑」
川「逆に堂々とできるかも」
べ「私はそう思ってるよ!」
川「よし!」
べ「そうとしか思えない。」
川「ありがとう文春!」
べ「オフィシャルになるだけ!」
「ありがとう文春!」
川「感謝しよう」
べ「うん!」
「それに不倫じゃありません!」
川「うん!」
べ「略奪でもありません!」
川「うん!」
べ「センテンススプリング!」

この内容が本当であれば全く反省していないし、会見はウソをついたことになってしまいます。

ベッキーのインスタには

「嘘嘘。みんな信じちゃだめ。誰かのLINE借りてプロフ画変えて、名前も変えてベッキーとゲス川谷になりすましてるだけでしょ」

「いやぁ今回のLINE内容は嘘でしょ。LINE流出してるのにこんな事やりとりしないでしょ」

といった疑惑の声が上がっている。

確かに、LINEなんて似たような画像と、アカウントで登録して似たような文章を書き込み、画像を作れば捏造は簡単にできるが文春がこのようなリスクを犯すとは考えにくい。
そして、会見前のLINEなので流出しているとは考えてはいなかったのではないでしょうか?

何にしても、センテンススプリングと言うワードは簡単に出てこないような気もします。
2人のテンションが高かったから出てきたワードだと思われる。

そして、とくダネ!で笠井信輔アナウンサーも

「もしこれが捏造されたものなら、2人はすぐに表明したほうがいい。そのこと表明しないと、認めたことになるから。ありえないから。会見した後にこんなことやるなんて人としてあり得ないから。2人はこれが事実じゃなかったら表明した方がいい」

と言っていたが、正にそうするべきだろう。

前回の釈明会見は文春が発売される前に行われたが、今回に至ってはまだ何も起こっていない。
沈黙すれば認めたと思われてもしょうがない。

捏造であれば早く会見やコメントをしたほうがいいでしょう、そのままであれば今回のLINEは本当だったということで結論に至っても良いか思う。

個人的には、文春が捏造するとは考えづらいし、前回のLINEに否定がなかったってことは事実だったんだろうと思っている。

関連記事
デヴィ夫人がベッキーをブログで擁護!炎上商法じゃないのか!?
センテンススプリングの意味は文春!ベッキーと川谷のLINEから迷言が!
ベッキーがにじいろジーンで生放送だが裏では旅サラダもあり荒れそう!!
川谷絵音がベッキー不倫とmiwaディスでゲスの極み!
ベッキーがスカパー音楽祭の司会で解約が続出しそう!
ベッキーのCM一覧に打ち切り会社と違約金はどのくらい?

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!