厚労省のブラック企業リストじゃなくてホワイト企業リスト作ったほうが早い?

▼この記事をシェアする!

厚労省がブラック企業リストを発表して話題になっていますがホワイト企業リストも欲しいという声や、ホワイト企業リストのほうが早いのではないかという意見が!

なぜホワイト企業リストが欲しい?

単純にホワイト企業が知りたいという意見以外に

  • ブラック企業リストに載っているのはまだマシ!本当のブラック企業は隠蔽してる!
  • ここに載ってる所は潔く違反してる部類
  • 「社内派閥によるいじめ」とか「飲み会におけるイッキの強制」とかそういった類のものではなく、単純に法令違反が載っている
  • 「俺の会社が入ってないぞ!」

などという声が上がり、本当のブラックはまだまだあるということで、逆にホワイト企業リストを公表すれば早いのではないかという意見が多く上がっています。

就活する時にブラック企業に入る確率が減るかもしれないけど、まだ隠れブラック企業は存在しているので回避できるとは限らない。

反対に、ホワイト企業リストを載せて、その企業に入る努力をしたほうが効率的であり失敗しないのではないだろうか。(競争倍率が高くなって狭き門になるのは否めないし、待遇がよくても人間関係までは分からないし、給料が高いとは限らないけどね)

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!