insecamで銭湯ページはあるのか?画像はあったが本当か!?

▼この記事をシェアする!

最近話題になっているinsecamというサイト!
このサイトは2014年の終わりごろに立ち上げられたサイトだが、なんと世界の防犯カメラの映像を見ることが出来るのだ!その数は現在約7万3000台!
そんなサイトがあるとやはり男の人だと気になのは、銭湯などが見れるのではないかと気になってしまう。
銭湯画像が出まわって探しまわる方もいるが、そんなページがどこにあるかと検索している方も多いだろう。
本当に銭湯のページはあるのか、何のためにこのサイトがあるのか調べてみた。

insecam銭湯画像!ページはどこ?

まず、問題の銭湯が写っている画像がこちらだ。


この銭湯の画像だが、本当にあったのかは怪しいいとネット上では思われている。
銭湯画像だけ埋め込みで合成しているのではないのだろうかと思われている。

銭湯が写っているサイトも、ネット上に上がらず噂だけで、insecamにもそのようなページは見当たらない。
もしかしたら本当にあったのかもしれないが、現在話題になっているのでカメラを設置してる人が気付きIDやパスワードを変更して見れなくなっているであろう。

insecamの目的は?

insecamはロシアのサイトで、無防備ににカメラの映像が見られることへの注意喚起としてと主張しているようだ。

現にinsecamが話題になって日本では7000のカメラが見れていたようだが、もうすでに1月23日時点で5300ほどになっていて効果があるようだが、主張の仕方はいかがなものかと思うが。
イギリス政府がinsecamの閉鎖をロシア当局に求められたこともあったが、今現在、閉鎖される感じはない様子。

現状見れるのは、コンビニやコインランドリー等の防犯カメラが当たり前に置かれている場所以外にも、普通の会社の仕事場やマッサージ店、そして個人の家とあまり見られてはいけない場所もあるようなのです。

意図せず情報漏えいをしているケースは多々あると思われるため、insecam初期設定のまま使われているカメラが映る設定なのでパスワードを変えるなりカメラの設定を見直しましょう。

プライバシーを守るためにカメラのマニュアルはしっかり読み込んで対策しましょう。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!