結婚したい!とアラサー女子が思うとき

▼この記事をシェアする!

日本の女性の初婚平均年齢は、2013年度の統計によると、29.3歳です。
もちろん、地域によって差があるでしょう。
20代で多くの人が結婚する地域もあれば、都心ではむしろ、20代で結婚する人は少数派だったりします。

しかし、この数字が表す通り、多くの女性がアラサーの時期に結婚したいと強く願い、そして実際に結婚することが多いのです。

では、アラサー女子は、どんな時に「結婚したい」と思うのでしょう?

まだまだ結婚なんて考えられない20代

今は、昔と違い、大学進学率も上がり、社会に出る年齢が上がっています。

学生時代を終え、社会人になり、やっと仕事にも慣れたと思ったら既に20代半ばです。
そして、仕事に慣れると、生活が一気に楽しくなります。

仕事もプライベートも自分のペースで行えるようになり、学生時代とは違い収入もあるので、充実した毎日を送れます。

もしかしたら、現代では、20代が、最も時間とお金に融通の利く、人生で華の時代なのかもしれません。

そのため、恋人がいても、結婚を考える人は女性でも少ないです。
「まだまだ、これから」これが、20代女性の本音ではないでしょうか?

ちらほらと周囲で結婚する友人が出てくる20代後半

それでも、20代半ばを過ぎると、友人や職場の同僚で結婚する人が出てきます。
時には、結婚式や披露宴、二次会などに呼ばれる時もあるでしょう。

友人のウエディングドレス姿の美しさと、何より花嫁が放つ幸せオーラに、
「結婚も悪くない」「素敵だな。私もいつか結婚したい」と漠然と感じる女性は多いでしょう。

しかし、自分の生活が充実していると、「でもそれはもっと先のこと」と、焦る気持ちは全くないものです。

今の女性は、20代後半でも、結婚を焦る人は少ないです。

芸能人ではアラサーどころかアラフォーで結婚出産をする人も多く、自分もまだまだ時間に余裕があると思いがちです。

30歳前後で結婚式に呼ばれるピークを迎え、気持ちの変化が生まれます

しかし、数字が表すように、30歳前後で結婚をする女性が今はとても多いです。

この時期、結婚式のご祝儀貧乏になってしまう人もいると思います。

20代後半では、「まだまだ」なんて思っていたアラサー女子も、
頻繁に結婚式に呼ばれ、祝福する立場を何度も経験して、気づいたら、半数以上が既に結婚している状態に気づき、
ここで初めて「私もそろそろ結婚を考えようかしら」なんて思い始めます。
しかし、それでもまだ、焦るという感情には程遠く、30代前半の、特に33歳位までは、気持ちは20代後半と、大きく変わっていないものなのです。
アラサー女子が本気で結婚したいと思うのは、むしろ、アラフォーに片足を突っ込んだ時期です。

女性にとって、35歳というのは、初めての30代よりずっと重みがあるものなのです。

35歳からは、高齢出産になるという知識を持っている女性も多いでしょう。
いよいよ「本気で結婚したい」と思い始めるのです。

まとめ

現代の20代女性は、自分の生活が最も楽しく、
結婚したいほど好きな恋人がいる場合を除いて、結婚を焦る人は少数派です。

むしろ、アラフォーに近づいたアラサー女子が、最も結婚したいと強く思っている層なのです。

20代で充分自分の時代を謳歌し、「そろそろ落ち着きたい」と思うのが、33~34歳の、アラサー女子です。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!