男性が本気で結婚したい女性のタイプ!知るべき3つのこと

▼この記事をシェアする!

理想の結婚生活は誰にもあると思います。

こうなりたいやこうしたい、相手にこうであって欲しいと。

そこで男性が本気で結婚したい女性のタイプを3つあげてみたいと思います。

①美人は三日で飽きる ブスは三日で慣れる

ブスとは言いませんが結婚をすると毎日一緒にいるため恋人の時のような会った時にドキドキするなんてことはなくなります。

逆に安心する家庭に男性は帰ってきたいものです。

すっぴん美人は本当に綺麗なのでいいと思いますが、着飾った美人ですと男性は家にいて疲れてしまいます。

毎日完璧な化粧をしてすっぴんを見せないというのも心の休まる隙がありません。

家ではお互いに自然体で出かけるときはしっかり化粧とメリハリをつけてくれた方が外に出た時はドキドキするような美人になればいいと思うのです。

美人は三日で見飽きてしまうのです。

②家事が出来る女性

今や共働きが普通になっている時代です。

一昔前は男は外で金を稼ぎ、女は家を守るといった役割分担があったのですが今は夫婦そろって働いているので家事も分担といった夫婦が多いのではないでしょうか。

でも、男性はプライドがあります。

心のどこかでは家事は女性がやるものだと思っているはずです。

そんな期待を背負っていざ結婚してみると女性より男性の方が家事が出来てしまったり、ご飯を作ったことがないとか身の回りが整理整頓出来ないだとか、洗濯一つとってもろくにこなせない女性は今や普通と思ってもらってもいいと思います。

しかし料理をてきぱき作ったり、家事をこなせる女性はポイントが高いです。やはり昔からかわらずの男性が本気で結婚したい女性のタイプのナンバーワンではないでしょうか。

③干渉しない女性

一緒に暮らしてみると今まで見えなかった嫌な部分が見えてしまったり、生活スタイルが違ったりします。

何十年も違う生活を送っている二人がいきなり同じ屋根の下で暮らしてすべてがうまくいくはずはありません。

まずはルールを決め分かり合うことが大事です。

その中でも一つ大事なことは女性は男性をいちいち干渉しないことです。

相手が気になるのも分かりますが、そのうち息苦しくなってしまいます。

ましてやずっと一緒に寄り添うパートナーとして十分に信頼を置いていれば干渉することなんてないのです。

女性は相手を信用してお互いを締め付け合わないのが一番です。

男性は首輪を着けられると逆に逃げたくなるので隠し事が増え信頼関係が壊れてしまいます。

まとめ

結婚したいけれど出来ない女性や、するタイミングがつかめない女性色々訳があると思いますが、まずは相手の理想像をあげていくよりも自分を見直し自分を磨いていき、男性が本気で結婚したい女性のタイプになっていくのが近道かもしれません。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!