乙武洋匡の不倫相手は誰?嫁と子供はどう思う?教育者としての立場は

▼この記事をシェアする!

乙武洋匡が不倫していたと、
週刊新潮で報じている。

昨年末にチュニジアへ不倫旅行を
したことで明らかになり、
その事から今まで、5人と不倫してきた
事が明らかになった乙武洋匡。

不倫自体いけないことだが、
教育者としての不倫はもっとまずい、
何故不倫をしたのか?その不倫相手は?
そして、嫁と子供はどう思うのか。

乙武洋匡が不倫をした経緯

乙武洋匡は五体不満足の著者で
障害は不便だが、不幸ではないと
書き、それからの人生も傍から見れば
テレビ出演や教師、教育委員やボランティア活動、
そして、結婚し3人の子供に恵まれて
障害を気にならないほど
本当に幸せそうに生きていると感じ
順風満帆に見える。

そんな障害ものともしない
今までの乙武洋匡の爽やかなイメージが
覆ってしまった。

2001年に結婚しその7年後には
第一子となる長男が誕生した、
この頃から、乙武洋匡は
不倫が始まったという。

子供が生まれたことによって、
妻が母に変わり、夫婦らしさが失われ、
寂しくなった乙武洋匡は外に女性という
癒しを求めてしまったのだ。

そして、
現在までに不倫した人数が5人いるのだが、
5股をしていたわけではなく
2008年に長男が生まれてから
現在の約8年の間に5人と不倫していたということだ。

この事を、
冒頭で書いた不倫旅行した女性の件
で取材された乙武洋匡が白状した。

乙武洋匡の嫁と子供はどう思う?

この事を、取材される前に、
乙武洋匡は嫁に告白し、
ショックを受け泣き悲しんだと語る。


このように先月誕生日で長く連れ添った嫁を
悲しませたのだ。

そして、教育者という立場もあり
非常にまずいことをした。
子供にも申し訳がないとも語っている。

本当に親として教育者として、
子供にどんな風に接していたのだろうか?


このように、今までは
家庭的な印象があり、教育者という立場から
こんな子供を裏切るようなことを
しないイメージだったが、
今回のことで、子どもたちはどのように
変わってしまうのか心配である。

子供は母を悲しませる人を許せない

これからは、乙武洋匡の子どもたち
への教育を考えなおして
行動しないといけないだろう。

乙武洋匡の不倫相手5人とは?

2人が一晩限りの関係で
他には冒頭でもあったような
不倫旅行をした女性が3人

計5人

約8年の間に5人と不倫したのだ、
その間に子供は3人生まれている。
そして、教師として小学校で
教鞭を執っていたのだ。

教育者の顔の裏にこのような事が
起こっていたことに驚きを隠せない。

そして、今回の不倫旅行した女性は、
20代後半で、4年半のお付き合いがある。

現在放送中の「真田丸」で主人公の妻役を演じている
黒木華を髣髴とさせる美女なのだそうだ。

黒木華🔻


今回の旅行以外にも海外に行き、
その際、不倫相手と不倫だとバレないように
ダミーとして1人男性を連れて
行っていたようだ。

海外不倫旅行に行く際は、ダミーを毎回連れて行くようで、
その同行した男性(ダミー)を事務所スタッフとして
雇っていたというのだから、口止めということだろう。

周りにも、この男性(ダミー)と2人で行った事にしている。
明らかに確信犯だ。

そして、今回の女性ではないだろうが、
乙武洋匡の5人の内の1人の不倫相手では
ないかと思われる画像があった。


この画像が、ネット上で拡散されている。

この画像については、真意は定かではないが、
結構派手目な女性の印象を受ける。

まとめ

今回の事は障害があることは
関係無いが、本当に誰でも
欲望というのはどんな状況になっても
変わらないという、
人間の汚れた部分が見えてしまった。

しかし、今年に入って、
有名人の不倫がたくさん
出てくるが、子供を相手にする
教育者はいけないだろう。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!