キングオブコメディ高橋健一が冤罪!しかし女子高生の制服を盗んで怪しい!

▼この記事をシェアする!

キングオブコメディ高橋健一が東京世田谷区にある高校に侵入し、

女子高生の制服を盗んだとして逮捕されました。

高橋健一は人力車所属のお笑いコンビ、キングオブコメディで2010年に行われたキングオブコントで優勝し有名になった事で有名です。

そんな彼が、実は以前にも一度、女子高生に痴漢したとして逮捕されたことがあります。

その時は冤罪として処理されましたが、こんなことがあっては本当に冤罪だったのか疑わしいく思ってしまいます。

その時の状況をまとめました。

キングオブコメディ高橋健一の痴漢冤罪の内容

2007年7月11日の午前8時頃の東京メトロ線で女子高生に痴漢をしたとして逮捕されました。

その日は飲みにいった帰りだったようで、朝帰りで満員電車に乗ったようだ。

高橋は酒を飲めないようで、酔っ払っていたわけではない。

そんな満員電車に乗っていると目の前の女子高生が「痴漢です!」と叫び、周りに取り押さえられた。

高橋は否定したが、女の子がウソつくはずがないと言われ、電車から降ろされてホームで口論になったが、駅長室に行くように促され行ってしまった。

この時、高橋は駅長室に行くことで罪を認めたということになる事を知らなかったようだ。

確かに、この時代はまだ痴漢冤罪に関しての知識が出始めていた時期だったので知らない人も多いだろう。

駅長室について5分後に警察が来て、パトカーに乗って警察署に連行されました。

本名や年齢等を聞かれ応える、そして親の誕生日を聞かれ、正確には覚えていないと答えると、親の年齢をわからない奴を信用出来ないと言われ、理不尽に思った高橋は現状を聞くと、警察から「痴漢で逮捕されているからここにいるんだ。」と言われ、完全に犯人扱いで逮捕されたんだと実感したようだ。

2日後に釈放された、高橋は冤罪で裁判するようだったが、乗客からの証言や芸人仲間や友人の陳述書で痴漢冤罪と認められ不起訴となった。

痴漢冤罪は現在でも社会問題になっているが、この時は希有な例だろう。

痴漢の容疑が晴れたが今回の事で疑わしくなった。

高橋健一は本当に冤罪だったのか?疑問の声が上がる。

今回、女子高生の制服を盗んだ事で以前の痴漢冤罪が本当だったのか疑念を持つ人が多々いるようだ。

やはり前回の痴漢も冤罪だったが女子高生で、今回も女子高生の制服、それも他の高校でも同様なことをしたということで常習犯!

高橋健一の性癖は分からないが制服を盗むほど女子高生に執着しているので、前回もやったのではないかと疑われてもしょうがない。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!