山下達郎のクリスマスイブがギネス記録認定されたけど30年ってスゴイよね!

▼この記事をシェアする!

クリスマスシーズンが来るたび日本に住んでいるなら絶対に聞いたことがある曲、シンガーソングライター山下達郎の代表曲でクリスマスの定番曲「クリスマス・イブ」がギネス記録に認定された。

何のギネス記録?

ギネス記録に新たに追加されたカテゴリー「日本のシングルチャートに連続でランクインした最多年数」として1986年~2015年の30年連続でオリコン週間シングルランキングTOP100にランクインし続け認定された。

クリスマス・イブの発売日

1983年6月に発売されたアルバム「MELODIES」の収録曲として「クリスマス・イブ」が発表され、1983年12月には3万枚限定ピクチャー・レコードとしてシングルカットされた山下達郎の通算12枚目になるシングル、そして1986年11月に7インチシングルとして再発された。

クリスマス・イブがヒットした理由

当初はオリコンシングルチャート最高位44位だったのだが、1988年に女優の深津絵里が出演するJR東海「X’MAS EXPRESS」のCMソングに起用された事で翌年1989年12月にオリコンのチャートにランクインしてから30週目にして初の第1位を獲得した。
同CMシリーズで4年連続「クリスマス・イブ」が起用されたことがクリスマスの定番曲として日本中に認識されたのだろう。そして、1980年代で国内発売されたシングルで売上1位のシングルになり、1991年にはミリオンを達成し、現在では売上枚数は190万枚を越えている。

クリスマス・イブがヒットした要因となるCM

東海道新幹線のCMで遠距離恋愛を題材にした「X’MAS EXPRESS」


髪型や化粧に服のセンスなどがやはり昭和を感じさせるが、曲はやはり今聞いても古さを感じず、現代でも心にしみる曲となっている。

ギネス記録認定の山下達郎コメント

「何もかもが、ひとえに、この30年、どこかの時、どこかの場所で、レコードを手に取ってくださった、リスナーの皆さまのおかげです。音楽を続けていて本当によかったと思っています」

昨年音楽活動40周年を迎えた山下達郎だが本当にメモリアルイヤーに相応しい記念になった記録で本当におめでたい。

世代を越え、30年間という四半世紀を越えるヒット曲となった「クリスマス・イブ」、更に記録を伸ばしてほしい。

▼この記事をシェアする!

SNSフォローボタン

▼ライカラをフォローする!